合宿免許は楽しい?

 

合宿免許のパンフレットやWEBサイトには、非常にポップな見出しやレジャーを楽しむ若者達の姿を写した写真などが見られます。

そのため「誰でも楽しく簡単に免許が取得できる」という風に思っている人も多いようなのです。

 

合宿免許

 

 

ですがこれは事実でしょうか?

 

もちろん合宿の合間に、他の受講者と遊んだり、現地のレジャーを満喫したりなどしっかり楽しんだ方というのも、それなりにいらっしゃるようです。

ですが反対に「合宿免許に何人かの友達と一緒に行ったが僕だけ卒業検定に受かることができず一人だけ延長料金を払うことになってしまい嫌な思い出しか残らなかった……」などという風に、やや辛い思い出が残っているという人だっているようなのです。

 

免許合宿センターにおける1日のカリキュラムは、基本的には、
「朝の9時頃にカリキュラムが始まりその全てが終わるのは夜の5時頃である」
というケースが最も多いようです。

このカリキュラムの中で、学科教習と、技能教習を交互に組み合わせながら、数週間の間、途切れずに受講して行くことになるので、連続で授業が入り続けてしまうなどの場合には、非常に、精神的にも体力的にも疲れてしまうということ、はあるかもしれません。

もちろん教習や教習外の復習が終わって、さらにレジャーを楽しむ余力があれば、そのあたりは各自の判断でよいと思います。
ただし合宿プランによっては外出に関する規則(門限など)があったり、周辺に遊べるようなところがないエリアだったりするので、教習外で遊びたい人はそのあたりも加味してプランを選ぶのがよいでしょう。

 

実際のところ、運転免許というのは、法律に則る形で、目指すわけですから、それなりに厳格なルールが適用されているということは、言えるかもしれません。免許を取得する難易度というものは、普通の通学型の免許センターと、変わらないということを、よく、自覚した上で、申し込む必要がある、と言えるでしょう。

しっかりとした運転技術を身につけることは、免許取得した後も、続く、終わりのない家庭であるということを、よく自覚しながら、その段階として、免許の取得を目指すということを、頑張る必要があるのです。

その為、生半可な覚悟で入ってしまえば、延長料金を支払っても、免許が取れない、などという風に、目標を達成できないまま、帰宅するということにもなりかねませんから、注意しておくことが必要です。

 

なお合宿期間は最短で数週間など、それなりに長期に渡ります。

そのため、事前に準備したり知識を入れたりしておくことにより、身体的&精神的な負担が軽減されるはずです。

このサイトでは、免許合宿期間を少しでも快適に過ごすために知っておきたいマメ知識をメインに紹介していく予定です!