運転教習で気を付けること

  運転免許の教習をすればわかることですが、個人個人によって

 

運転免許の教習をすればわかることですが、個人個人によって、ミスをするポイントは、大きく異なります。

そのため、自分自身がどこで間違うのか、ということを記憶するだけではなく、きちんとメモ帳に書く形で、記録しておくことが、重要だと言えるのです。

このようなメモを、寝る前や、朝起きた時に確認しておくことで、しっかりと、ポイントが記憶に定着すると思います。

学科試験などで出やすい店のミスなどを、潰すことができるのではないでしょうか?

また運転中に安全な所に止めてメモを行うことで、指導教官に対してやる気のアピールもすることができますから、メリットしかありません。

 

結局のところで言えば、指導教官も人間ですから、教えてもらう側が、やる気を見せてくれれば、教える方にも力が入るというものです。

逆に言ってしまえば、メモ帳も持たずに、準備もせず、態度も悪いという人には、指導教官も注意をすることになってしまうため、心良い関係を築くことができないのは、容易に想像できるでしょう。

安全運転をしっかりと実行するためには、様々な点で、注意を払わねばならないということは、おわかりいただけたのではないでしょうか。

このような点から見ると、とにかく徹底して、準備をして様々な事態を想定しておくことが必要だと言えるのではないでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です