自動車の種類と大きさ

第一種運転免許と対応している自動車の種類がわかったところで、詳しい自動

第一種運転免許と対応している自動車の種類がわかったところで、詳しい自動車の種類分けを見てみましょう。

大型自動車、中型自動車、準中型自動車、普通自動車は、大型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車以外の自動車というのが前提で、そこから車両総重量、最大積載量、乗車定員で分類されていきます。大型自動車は、車両総重量は11000kg以上、最大積載量6500kg以上、乗車定員30人以上で、中型自動車は車両総重量が7500kg以上11000kg未満、最大積載量4500kg以上6500kg未満、乗車定員11人以上29人以下です。準中型自動車は車両総重量が3500kg以上7500kg未満、最大積載量2000kg以上4500kg未満、普通自動車は車両総重量が3500kg未満、最大積載量2000kg未満で両方とも乗車定員は10人以下になります。

大型特殊自動車は、特殊な構造を持っていて、特異的な作業をこなす自動車です。先ほど述べたとおり、キャタピラー式のものやロードローラーのような他の自動車と違う構造をしています。

大型自動二輪車と普通自動二輪車は、エンジンの総排気量によって変わります。総排気量が400ccより多い自動二輪車が大型、50ccより多く400cc以下の自動二輪車が普通となっています。注意したいのはちょうど400ccの総排気量の自動二輪車の場合は普通自動二輪車となります。逆に50ccちょうどの場合は原付となります。

小型特殊自動車は農耕作業などに使われる自動車で、特殊な構造をしています。また、最高速度が15km/h以下、長さ4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2m以下と細かく決められています。なお、ヘッドガードなどがあるため高さの制限を超過する場合は2.8m以下となります。

原動機付き自転車、通称原付は、上記の通り総排気量が50ccの二輪車のこと、もしくは総排気量20cc以下の三輪車となります。

この分類は、準中型自動車が新たに追加されたものですので、それまで以前のものとは異なる場合がありますし、また新しく区分が追加される可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です