牽引免許と限定免許

牽引免許は、普通免許や大型免許などとは少し違った免許になります。牽引免

牽引免許は、普通免許や大型免許などとは少し違った免許になります。牽引免許は普通自動車、準中型自動車、中型自動車、大型自動車、大型特殊自動車で他の車両を牽引するときに、その牽引する自動車に必要な免許に加えて必要になります。

しかし、後ろに車両を牽引している場合でもこの牽引免許が必要でない場合があります。それは、人や荷物を含む重さが750kg以下の車を牽引すると時と故障車をロープやクレーンなどの道具で牽引するときです。

また、セミトレーラーと呼ばれる前車輪のない被牽引車で、一部を牽引自動車に乗せ牽引装置で連結する構造のものを除く総重量が2000kg未満の車を牽引するときは小型トレーラー限定免許で運転できます。主にボートトレーラーやキャンピングトレーラーなどがこれに当たります。

牽引免許が必要になるのは、車の総重量が750kgを超える車両を牽引する時です。タンクローリーなどが該当します。

では、少し出てきた限定免許についても説明します。限定免許とは、運転できる車を限定する条件がつけられている免許です。例えば、AT限定の普通二輪免許というものがあります。その名の通り普通二輪免許のAT車のみ運転できる免許になります。このようなAT限定の免許は普通免許や大型二輪免許などもあります。最近は普通免許をAT限定で取得するというケースが増えてきているので、実はごく一般的な免許になります。他には、重さ制限のある中型免許、準中型免許があります。例えば、5t限定の準中型免許は車両総重量5000kg未満、最大積載量3000kg未満と限定されます。本来の準中型免許は車両総重量が3500kg以上7500kg未満、最大積載量2000kg以上4500kg未満、定員は10人までなので確かに限定されていることがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です