教習時間の制限について

実際に教習所に通った人に対して、教習時間をどれぐらい必要としたか、とい

実際に教習所に通った人に対して、教習時間をどれぐらい必要としたか、ということを尋ねてみると、規定の時間内で取れている人はほとんどいないということが一般的に言われているようです。多くの人は、規定時間をオーバーして練習をしているようですし、ここで重要となってくるのが、とにかく早く免許を取れば良いというものではなく、きちんとした技術を身につけてまぐれやラッキーで卒業するのではなく、路上に出ても全く安全な状態を常に保つことができるというレベルに達して卒業するべきであるというふうに言えるわけです。あまりにも時間を取りすぎてしまうのも考えものですが、早すぎるのも良くないというふうに言えるでしょう。重要なのは指導教官に尋ねるなどして自分自身の中で運転の中に不安な要素を残さないようにして卒業するということが何よりも重要であるというふうに言えるのではないでしょうか。このようにして路上教習をクリアした段階で、不安が見つかるようであれば、もう一度練習をするなどして不安点を徹底して潰しておくことが第一に求められているというふうに考えていいでしょう。実際、自分自身でレベルを確認するだけではなく指導教官があなたに対してレベルが十分の規定の範囲内に達していないと判断すれば、容赦なく落とされることになるわけです。とりわけ、仮免試験などの緊張感のある試験などでは、失敗した場合に怒られてしまうケースもしばしばある、という風に言われているわけです。失敗して、投げやりに運転するようでは運転手としての適性は全くないと言ってもいいでしょう。粘り強く指導教官の意見を聞きながらそれを生かしていくことが何よりも重要であるという風に言っていいと考えられます。