自動車免許の検定試験での心構え

万が一、皆さんが検定試験の最中に、試験官の指示通りに運転する事ができず

万が一、皆さんが検定試験の最中に、試験官の指示通りに運転する事ができずに、左折や右折を間違えてしまい、誤った方向に進んでしまったとしても、慌ててUターンするのではなく、きちんとその後の試験官の指示を待てるような余裕がなくてはならないでしょう。たとえ検定のコースから外れたとしても、試験官はその後の事をきちんと考えて指示を出しますので、慌てずに「安全」な運転を行わなくてはなりません。時には、試験官がその後の指示を即座に出してくれないような場合は、冷静にコースを間違えた旨を伝え指示を仰ぎましょう。何よりも運転中の冷静な判断力や行動が皆さんの検定には重要なポイントとなってくる事を理解しておきましょう。時には、威圧的な態度で指示を出すような試験官もおりますので、試験官の態度に冷静さを欠いてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、試験官も人間であり、時には意地悪な試験官もいる事を理解しておきましょう。試験管にどのような態度を取られたとしても冷静に対処できるような人間である事が重要です。緊張のあまり皆さんも普段はみせないような態度を取ってしまうかもしれませんが、全てが、検定試験の判定の判断材料としてチェックされている事を理解しなくてはならないでしょう。運転に慣れない頃は、運転中にイラついたり不安になる事は、ほとんどの方が経験する事です。そのような場面で、冷静でいられるかが安全な運転技術に結び付いてくるのです。