飛行機操縦と自動運転車

実用化に向けて開発が進む自動運転車は、皆さんの目にはどのように映ってい

実用化に向けて開発が進む自動運転車は、皆さんの目にはどのように映っていらっしゃいますか。自動運転はレベル分けされ、現在のメディアなどからの情報ですと、レベル1~5の5段階に分けられているようです。その中でもレベル5の基準で走行する自動車は、完全なる自動運転であるというのですから驚きであります。現在日本ではレベル3に区分される自動車の実用化に向けて自動車産業が運転システムを構築しているようですが、実際にレベル3と言われてもピンとこないものですね。完全なる自動走行できる自動車が、近い未来に発売されるような時代もすぐそこまで来ているのであろうというような、自動車産業の新しい息吹を感じるような速さで人間の知能に勝るとも劣らないコンピューターシステムが世の中に出回る時代になりはじめました。完全なる自動運転車に驚いている人も実は、オートパイロットなどと呼ばれる自動制御された飛行機には、乗った事があるのかもしれませんよ。車の自動運転に驚いている方々も、実はすでにコンピューターに自動制御されて飛行する飛行機に乗っているかもしれません。実際には、多くの飛行機械据付の操縦は、すでに自動制御されており、飛行機を操縦するパイロッたちがどの程度自動飛行操縦装置に依存しているのかは、国の基準などによって異なっているようです。また、飛行機のタイプや、空港会社によっても考え方に差異があるようなのです。皆さんは、飛行会社を選択する際に、オートパイロットへの依存度で選んでいらっしゃしますか?オートパイロット化が進行しているとしても、天候の悪化や乱気流などの発生により、飛行操縦がイレギュラーな対応を求められた時点で、人による操縦技術が必要となってくるようです。今後、近い未来に自動運転車も完全に自動化されても人の運転技術は必要とされてくるのでしょうか?近未来に免許を取得する教習所や合宿免許などというワードは存在するのでしょうか。